2016年12月18日(日)第六回 JAUSダイビング活動研究シンポジウムのお知らせ(予告)

日時 2016年12月18日 日曜日 10時開場 11時公演スタート
場所 東京海洋大学品川キャンパス 楽水会館
受付 開場 AM10時
会費 一般 2,000円、会員 1,000円、学生 無料

プログラム

①10:00-11:00 展示の閲覧
 ポスター 写真
 日本潜水歴史研究会 発足の発表 展示
1.日本のマスク式潜水について
今は、消滅しようとしているが、日本独特の沿岸漁業用潜水方式だった。
世界初のスクーバ大串式、大串式のレプリカは作れるか?
今、リニューアルされようとしている旭式軽便マスク
2.船の科学館の潜水の歴史展示

②11:00-12:00 日本歴史研究会発足の発表
1.日本歴史研究会発足の発表 須賀次郎
2.「シートピア計画など」
  元JAMSTECアクアノート 山田 海人
シートピア計画の30m・60m海底居住に加えて、300mまでのJAMSTEC飽和潜水計画について。

③12:00-13:00 昼休み

④13:00-14:00 JAUSワークショップの実績紹介 山本徹
2015年5月に始まったJAUSワークショップも7月に第10回を迎えました。
そこで、それまでの実績を映像を交えてご紹介します。

⑤ 14:00-14:30 最新ダイビング用語事典V2 の編纂計画の発表
須賀次郎

⑥ 14:30-15:30 映像作品 発表
 1.水中映像研究会 「映像未定」 齋藤真由美
2.水中調査研究会 「人工魚礁 レクリエーショナル リサーチダイビング」 増井 武
3.東京港水中生物研究会 「お台場の映像」  須賀次郎
4.公募作品発表
  3分程度の会員からの映像を募集いたします。

⑦15:30-16:30 「新規則に基づく 減圧表の作り方」 久保 彰良 

⑧17:00-19:00
隣の学生ホールで懇親会 会費500円

※内容やタイムスケジュールについては、まだ予定の段階ですので変更の可能性があります。

 

 

更新日:2016年8月9日|水中映像研究会

入会等、各種お申し込みはこちらから

pagetop pagetop
JAUS

特定非営利活動法人日本水中科学協会は日本財団の助成により活動を開始しました

日本財団

Copyright © 2014 JAUS. All Rights Reserved.