私達、日本水中科学協会は、ダイビング指導機関、社会的な位置などにとらわれず、ダイビングによる活動を行い、その安全を追求しつつ、スポーツ、学術研究、文化、芸術、に貢献することを目標としています。

 2015年の活動

1.サイエンス&リサーチについて ⇒ 水中映像研究

2.プロフェッショナルダイビングについて ⇒ 高気圧作業安全衛生規則の研究

3.潜水手法、技術、機材について ⇒ 混合ガス潜水の研究

4.安全確保について ⇒ スキンダイビングの安全についての研究と発表

5.環境保全についての活動 ⇒ お台場での撮影調査記録と発表

6.スクーバ潜水実技の研究と研修⇒プライマリーコースの実施

7.学生のダイビング活動の支援

シンポジウム:活動成果を発表します

フォーラム:話題提供とディベート

ワークショップ: それぞれの研究テーマに関連する発表と検討を広く参加者を募集して、月例でおこないます。ぜひ参加をおねがいます。

☆ポスター展示: シンポジウム、フォーラム、ワークショップでは、水中活動に関連するポスター展示を募集します。

出版:研究成果について、随時報告書の作成と配布、書籍の公刊を行います。

  ※それぞれクリックによってその内容が示されます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です