2018年9月12日(水)JAUSワークショップ「タイの洞窟遭難事故を考える」を開催します。 

今回のJAUSワークショップは今年の6月に発生したタイのタムルアン洞窟の遭難事故について3名の専門家をお招きしてお話していただきます。

講演内容
タイのタムルアン洞窟の遭難事故
特に救出方法について

講師
後藤聡 (日本洞窟学会会長:http://www.speleology.jp/
日本洞窟学会洞窟救助委員会委員)
三保仁 (三保耳鼻咽喉科 院長:ケーブダイバー)
久保 彰良 (JAUS副代表理事:アムテック代表取締役)

古石場文化センター 2F 大研修室
https://www.kcf.or.jp/furuishiba/access/
東京メトロ東西線「門前仲町」駅 2番出口より徒歩10分

JAUSの会員は無料、会員でない方は1,000円をいただきます。
なるべく、若い方に来ていただきたいので、学生は無料です。
100名以上入れる会場に変更いたしました。

タイムスケジュール
18:30     開場
19:00〜20:30 講演
20:30~21:00 質疑応答 他

もちろん、恒例の懇親会も開催いたします。

お申し込みは、
JAUSのHP(https://jaus.jp/?page_id=2179)よりお願いします。

JAUS亜寒帯ラボ
JAUS亜寒帯ラボ、始動します。

JAUS亜寒帯ラボとは JAUS亜寒帯ラボ(正式名称:亜寒帯研究室)は、JAUS本部から得られる安全 …

JAUSワークショップ
2019年4月23日(火) JAUSワークショップ ダイブコンピュータ今昔物語2 を開催します

先日のJAUSシンポジウムで好評だった、ダイブコンピュータ今昔物語の続編です。 シンポジウムでは伝え …

JAUSジャーナル
『JAUSジャーナル』創刊しました。今後も更なる寄稿をお願い致します。

JAUS会員 各位 多数お寄せ頂きました原稿を基に『JAUSジャーナル創刊号』を編集し、去る2月3日 …