JAUSの運営にご協力下さい

JAUS会員 各位

拝啓 夏も終わり、秋のダイビングシーズンが始まります。

敬具

さて、6月に行われました総会、その後の理事会により、この度、10周年を迎える日本水中科学協会の活動の活性化を図るため、運営委員会を拡大し、会員有志みなさまの参加をお願いすることになりました。

この委員会の内規は、委員会が軌道に乗る状況に併せて、策定して行きたいと考えておりますが、大綱は、

シンポジウムやワークショップなど、会の行う行事に事情の許す限り出席、協力をして頂けること。

月例で行われる委員会にも出席いただき、ご意見(企画その他についても)協力をいただけること. 特に出席の義務化はいたしません。

交通費、謝礼など差し上げる余裕もないので、純ボランティア活動でお願いすること。

就任いただける可能性があれば、このメールへの返信をいただきたく、お願いいたします。

まずは、12月1日のシンポジウムに向けての活動をご一緒していただき、その中で、前述しました内規など話し合って行きたいと考えます。 その第一回の集まり「シンポジウム説明会」を10月3日のワークショップ 「東京湾の水環境」終了後、20分程度ですが、このことについてのご意見を伺うなど予定しています。

10月3日のワークショップでは、東京都水環境係の中心をながらく努めておられた、風間真理さんをお招きして、東京湾全体の環境、その奥 どん詰まりの東京港、そして、そのどん詰まりのお台場についても別の視点からお話いただく予定です。

ぜひ、おいでください。

JAUS代表理事 須賀次郎

JAUS亜寒帯ラボ
2019年7月27, 28日(土, 日) JAUS亜寒帯ラボ マリモ群⽣地での⽔草刈取り活動 参加者募集 (7/20締切)

表題の件は 釧路市教育委員会マリモ研究室による活動で、基本的に潜水業者が行いますが、人手が少ないため …

トピックス
第9期 理事会・通常総会招集のお知らせ

特定非営利活動法人 日本水中科学協会 理事・正会員・活動会員 各位   拝啓 時下ますます …

JAUSジャーナル
『JAUSジャーナル』創刊しました。今後も更なる寄稿をお願い致します。

JAUS会員 各位 多数お寄せ頂きました原稿を基に『JAUSジャーナル創刊号』を編集し、去る2月3日 …