今日も海に潜るオジィ達! 海人の伝統マスク・旭面を復刻したい!

これは 昨年12月18日に開催された第6回JAUSダイビング活動研究シンポジウムの潜水器特別展示において紹介された、日本に現存する最後の潜水マスク「旭面」です。

決して過去の遺物ではなく、ホースを介してコンプレッサーに接続すれば、今でも現役で使える状態で保管されています。

大正時代から現在に至るまで、沖縄地方では「旭面」による潜水が、今なお受け継がれています。

しかしこの最後に残されたマスクひとつだけでは、全ての海人たちの求めに応じることはできません。

そこで、この伝統あるマスクを復刻させるプロジェクトが始動しました。

皆様のご協力をお願いします。  拡散、大歓迎☆☆☆

 

潜水マスク「旭面」とは? 詳細は、↓↓↓

今も海に潜るオジイ達! 海人の伝統マスク「旭面」復刻プロジェクト

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シンポジウム・フォーラム
ダイバーの皆様、アンケートにご協力下さい。

来たる2019年2月3日(日曜日)東京海洋大学品川キャンパス楽水会館にて開催の 第8回JAUSダイビ …

シンポジウム・フォーラム
第8回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム を 2019年2月3日(日)に開催します

開催日時:2019年2月3日(日) 開場 10:30、開演11:00 開催場所:東京海洋大学品川キャ …

JAUSワークショップ
2018年12月19日(水) JAUSワークショップ 高圧則の歴史 を開催します

ダイバーにとって一番関連性の高い規則である、高圧則(高気圧作業安全衛生規則)は昭和47年に成立されま …