今日も海に潜るオジィ達! 海人の伝統マスク・旭面を復刻したい!

これは 昨年12月18日に開催された第6回JAUSダイビング活動研究シンポジウムの潜水器特別展示において紹介された、日本に現存する最後の潜水マスク「旭面」です。

決して過去の遺物ではなく、ホースを介してコンプレッサーに接続すれば、今でも現役で使える状態で保管されています。

大正時代から現在に至るまで、沖縄地方では「旭面」による潜水が、今なお受け継がれています。

しかしこの最後に残されたマスクひとつだけでは、全ての海人たちの求めに応じることはできません。

そこで、この伝統あるマスクを復刻させるプロジェクトが始動しました。

皆様のご協力をお願いします。  拡散、大歓迎☆☆☆

 

潜水マスク「旭面」とは? 詳細は、↓↓↓

今も海に潜るオジイ達! 海人の伝統マスク「旭面」復刻プロジェクト

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

JAUS亜寒帯ラボ
JAUS亜寒帯ラボ活動報告 ~秋深まり冬直前の然別湖ウチダザリガニ防除潜水~

10月19, 20日、JAUS亜寒帯ラボは今年3度目の然別湖ウチダザリガニ防除潜水(北海道十勝管内) …

シンポジウム
第9回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム を 2019年12月1日(日曜日)に開催します

ダイビングを行うには、大きな両輪があります。1つは「スクーバで何をするのか」という目標、もう1つは「 …

JAUS亜寒帯ラボ
JAUS亜寒帯ラボ活動報告 ~妖しい探検隊、然別湖を行く~

9月16日、「妖しい探検隊」は北海道十勝管内然別湖に出動いたしました。 活動の詳細につきましては、 …