2017年12月10日(日)第七回 JAUSダイビング活動シンポジウムを開催します

日時   2017年12月10日 日曜日 10時00分 開場 11時講演スタート
場所   東京海洋大学品川キャンパス 楽水会館
受付開始 AM10時00分
会費   一般 2,000円、会員 1,000円、学生 無料

考える「歴史、現在、未来を俯瞰する。」
アクション「潜って何かをする。追い求め、そのフィードバックでダイビングを進化させ、日本の海のために役に立つて行く。」

日本水中科学協会では、2017年12月10日(日曜)、東京海洋大学 品川キャンパス、楽水会館で「第7回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム」を開催します。

お申し込みはこちら
2017年 第7回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム 参加申し込み

受付開始 10:00

☆撮影ハウジング 特別展示 大会議室 後部

①1970-1980年 のテレビ番組製作に使用した大型ビデオカメラハウジング

②現在使用されているテレビ番組制作に使用されているビデオカメラ ハウジング

☆ ポスター展示 写真展示  玄関ホール ホアイエ

1.  11:00ー12:00

 「ワークショップ 総括」            

行われたワークショップについての詳細解説

特に福嶋第一発電所調査に関連して                   山本徹

 4分割の映像                            国方多眞紀

  ーーー 12:00ー13:00 昼休み ーーー

★ 講演

 

2.  13:00ー14:30

「ボランティア、リサーチ、学生の各ダイビングにおける事故についての考察」

講演 弁護士 松村房弘  コメンテーター 久保彰良 

 

3.  14:30-15:00 休憩 御蔵島のドルフィンスイミング 映像 斎藤真由美

★ 映像発表

 

4.15:00ー16:30 コメンテーター  須賀次郎

フイルムカメラ、展示されている大型テレビカメラ、そして現在のカメラによる映像を映写する。

 ①1960年代のフィルムによるテレビ番組映像 マチャアキ海を行く 須賀

 ②1970年代 トラック島 沈船 水深60m 駆逐艦追風を追う 須賀

 ③現在のテレビ番組撮影について  中川隆

 ④ウエアラブルカメラと大きいカメラ映像の比較  現在のウエアラブルカメラ 今後の進化 

 ⑤360度全天周カメラの可能性  山本徹

 

 .  17:00ー19:00

  ワンコイン 懇親会  隣接 学生会館にて
会費500円

※内容やタイムスケジュールについては、変更の可能性があります。

お申し込みはこちら
2017年 第7回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム 参加申し込み

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シンポジウム・フォーラム
第8回 JAUSダイビング活動研究シンポジウム を 2019年2月3日(日)に開催します

開催日時:2019年2月3日(日) 開場 10:00、開演10:20 開催場所:東京海洋大学品川キャ …

JAUSワークショップ
2018年12月19日(水) JAUSワークショップ 高圧則の歴史 を開催します

ダイバーにとって一番関連性の高い規則である、高圧則(高気圧作業安全衛生規則)は昭和47年に成立されま …

JAUSワークショップ
2018年11月21日(水) JAUSワークショップ セノーテの魅力 を開催いたします

今回のJAUSワークショップは前回に引き続きセノーテの魅力について三保仁先生に語っていただきます。 …